FC2ブログ

CLICK!地域教育力創発機構ブログ

キャリア教育コーディネーター講座 事例発表会

**************************
キャリア教育コーディネーター講座 事例発表会「キャリア教育って何?」
地域・企業と作るキャリア教育 
~キャリア教育コーディネーターとこれからのキャリア教育
*****************************

※経済産業省キャリア教育民間コーディネーター育成・評価システム開発事業※

おもて うら

これまで、(株)ソシオエンジン・アソシエイツでは、地域の資源を活かしたキャリア教育プログラムの開発、
また、自律的にキャリア教育プログラム提供できる体制づくりとして、教育支援人材の育成、なかでも
「キャリア教育コーディネーター」の育成に取り組んできました。
より多くの社会人がキャリア教育に関わり、子どもたちの学びを豊かなものにしていくために何ができるのか、
キャリア教育コーディネーター講座で何が学べるのかその事例とともに、キャリア教育について学び、
考える会です。


★日時:2011年2月26日(土)
    13:00~16:00(開場12:40)
★場所:スタジアムプレイス青山 8F 801
   (東京メトロ銀座線外苑前駅 3番出口より徒歩2分)
http://www.sp-aoyama.jp/access/

★参加費:無料


★第一部★キャリア教育って?キャリア教育コーディネーターの役割とは?
「キャリア教育とは何か」を知りたい、キャリア教育を取り巻く政策や活動についてご紹介します。
企業・地域と学校をつなぐ「キャリア教育コーディネーター」とはどのような存在なのか、
育成講座についての概要と、この2年で受講した方々が何を学び、どのような活動をしてきているかを
ご紹介します。

<内容>
 ●キャリア教育の必要性とキャリア教育コーディネーターの活動(基調講演)
   生重幸恵氏(NPO法人スクールアドバイスネットワーク 理事長)
 ●キャリア教育コーディネーター育成講座について
   (株)ソシオエンジン・アソシエイツより
 ●今年度受講生の成果発表
   松井大助氏(フリーライター/2009年度受講生)
 ●昨年度受講生の活動報告



★第二部★ パネルディスカッション「キャリア教育の現場で大人ができること」
さまざまな立場から、キャリア教育の現場で大人に何ができるのか、多様な生き方・働き方の
「社会的企業家」とともに、その可能性を探ります。

 <登壇者(予定)>
  松浦貴昌氏(NPO法人ブラストビート 代表理事)
  関本恵一氏(台東区立上野中学校 校長)
  生重幸恵氏(NPO法人スクール・アドバイスネットワーク 理事長)
     ・・・他、社会的企業家など調整中



********************************
■応募方法
 FAXまたはメールにてお申し込みください。
 お申し込みは↓まで。
  E-mail:edu@socioengine.co.jp  FAX:03-5775-7671

 ****メールの場合は以下のフォームをご活用ください***
  ◇氏名(ふりがな):
  ◇所属:
  ◇連絡先
    TEL:
    FAX
    Eメール:
  ◇このセミナーに期待すること:
 *********************************

■お問い合わせ
 株式会社ソシオ エンジン・アソシエイツ  担当:松倉(まつくら)
 TEL:03-5775-7670
 e-mail:edu@socioengine.co.jp
 〒107-0062
 東京都港区南青山1-20-15 Rock1st3F

PageTop

キャリア教育に参加する大人を養成する講座、募集中!

~お申し込みにあたってご質問にお答えします~

  ※講座の詳細はこちらへ
   ★社会人講師養成講座
   ★教育CSRスキルアップ講座
   ★キャリア教育コーディネーター講座


Q:受講したいのですが、すでに予定が入っている日程があります。

A:まずはご相談ください。テキスト教材での自宅学習およびVTRでのフォローアップも予定しています。ただし、講座内容にはグループワークによる学習も多く含まれるため、全日程VTRのみでのご受講はお断りしています。


Q: 「キャリア教育コーディネーター講座」は「平日の活動」とありますが、どれくらい発生しますか?

A:必ず平日の活動になるのは「学校へのヒアリング」「プログラムの提案や打ち合わせ」「授業当日」といった学校にお伺いする部分(3回程度を予定)になります。お仕事をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、できる限りご調整ください。その他の活動に関しては、グループごとにメンバーの都合の良い日時を調整して活動します。昨年度の場合は、平日夜や土日に活動されるケースが多かったです。


Q:どんな方が受講されていますか?

A:様々な属性の方が来られます。昨年度の受講者は、企業のお勤めの方の他、社会的企業家、フリーライター、キャリアカウンセラーなど、年代もお仕事もいろいろな方がいらっしゃいました。異業種・異世代の方との交流の場にもなります。


Q:講師はどんな方ですか?

A:学校と産業界をつなぐ内容が多いため、テーマに応じていろいろな方に講師をお願いしています。学校の先生、CSRに詳しい方、教育NPOでお仕事されている方、コーディネーターとして活躍する方など、すでに実践的な活動をしている方からお話を聞くことができます。


Q:受講終了後、お仕事につながりますか?

A:以下のような可能性が考えられます。ただし、確実にお仕事をご依頼できるかどうかについてはお約束できないことをご了承ください。
★社会人講師養成として★
修了生は「登録社会人講師」として、学校でのキャリア教育の授業にお越しいただくなど、ご協力を依頼することがあります。ぜひご協力ください。
★キャリア教育コーディネーターとして★
(株)ソシオエンジン・アソシエイツおよびCLICK教育力創発機構のネットワークで実施するキャリア教育プロジェクトにご協力いただく可能性があります。現在、学校・企業との恊働によるプログラム・プロジェクトの開発にも取り組んでいます。こうした活動に参画してくださる方、大歓迎です。


Q:「キャリア教育コーディネーター講座」の受講料金がわかりにくいのですが・・・

A:「社会人講師養成講座」「教育CSRスキルアップ講座」のご受講+実践コースの受講で合計して100,000円です。表示がわかりにくく、申し訳ありませんでした。


Q:「実践コース」の前の「面接」とはどのようなものですか?

A:実践活動も伴う講座であるため、キャリア教育コーディネーターをめざす想いや意志の確認をさせていただいます。教育コーディネーターや教育関係者による面接を予定しています。


その他、お気軽にお問い合わせください!

【お問い合わせはこちらまで】
株式会社ソシオエンジン・アソシエイツ
担当:松倉(まつくら)
TEL03-5775-7670 FAX:03-5775-7671
E-mail:edu@socioengine.co.jp

PageTop

【カタリバ】高校出張活動報告会

8/8(日)、カタリバの高校出張活動報告会に参加してきました。
高校で実践したカタリバの活動を見に、現役高校生から社会人までなんと約120名が参加。

カタリバの取り組みについてはよく耳にしていたものの、
実際に運営している方々や会員の方に囲まれてみると
ものすごい活気に満ちたエネルギーに包みこまれる感覚がありました。

中でも特に印象的だったのが、「Google×カタリバ企画」の報告。
これまではカタリバが高校に赴く“出張型”のプログラムがメインでしたが、
そうではなく、高校生から応募を募る“募集型”にして、Googleでカタリバ
プログラムを実施するというのがこの企画。

Googleにとっては社会貢献としてのブランディングにつながることから
実現した企画だそうです。
今までにない発想で、しかも大手Googleとの連携ということで
プログラム内容もおもしろく、私もできることなら参加したい内容でした。

こうした今までにないチャンスが増えてきていて、
今の高校生は恵まれているなぁと羨ましく思います。

PageTop

ベーシック・プログラム終了 ~キャリア教育コーディネーター育成講座

全5回にわたるキャリア教育コーディネーター育成講座
「ベーシック・プログラム」が11/14に終了しました。

「ベーシック・プログラム」は講義・ワークショップが中心。
以下のような流れで
キャリア教育コーディネーターに必要な知識の習得をめざしました。
図1

「ベーシック・プログラム」は最終的に13名が脱落せずに参加。
「キャリア教育コーディネーターに求められる資質・能力」を
考えるワークショップもあり、次のような言葉が出てきました。

続きを読む

PageTop

キャリア教育コーディネーター育成講座がはじまりました。

9月26日(土)から、キャリア教育コーディネーター育成講座がはじまりました。


RIMG0031_convert_20090930173548.jpg

初回は、早稲田大学大学院の三村先生による「キャリア教育概論」のほか、
小・中・高の現役の先生をお呼びし、参加者との対話型ワークショップも。

今年の参加者は合計17名。
いろいろな経歴の方が参加されています。
ハードな講座ですが、
学校と産業界をつなぐだけでなく、参加者のみなさんのあいでも、
新たな広がりが生まれる「出会い」があるといいなと願っています。


レポート:ま

PageTop